anime_subscription_comparison_title

「定額の動画配信サービスでアニメを観たいけど、どのサービスを使えばいいかわからない」

という方に向けに書いた記事になります。

ちなみに下が、わたしの今のアニメ視聴スタイルです。

・2年前から動画配信サービスを利用中
・アニメは全て動画配信サービスで視聴
・半年以上HDDレコーダーでアニメを録画していない

 

実際に使った感想をもとに、おすすめ順に上から並べたものが次の表です。

代表的なアニメ定額配信サービス8社の比較とおすすめ順

アニメ視聴を軸に、それぞれの特徴で判断をしました。

順位 サービス名 月額料金(税別) 見放題
アニメ作品数
特徴
1 dアニメストア 400円 2,900 ・アニメ専門
・作品の多さ
・コスパ最強
2 U-NEXT 1,990円 2,182 ・マンガ、映画、ドラマ、R指定もある
3 Netflix Basic:800円
Standard:1,200円
Premium:1,800円
626 ・オリジナル作品に力を入れている
4 Amazon prime
ビデオ
500円
(年会費4,900円)
532 ・稀に独占配信作品がある
・映画、ドラマ、お笑いもある
5 バンダイチャンネル 1,080円 1,705 ・アニメ専門
・特撮もある
6 アニメ放題 400円 1,800 ・アニメ専門
7 Hulu 933円 840 ・海外ドラマが強い
8 ビデオパス 562円 320 ・ドラマもある

2019年5月11日時点の情報です。詳細は各公式サイトでご確認下さい。

サービス別にご説明します。

1位 dアニメストア

danime_top

・月額400円
・業界最多の2,900作品以上を配信
・特集内容がアニメ好きの視点
・タグ機能で関連アニメを探せる
・同時利用は1台のみ
・TVアニメがメインで、劇場版は少なめ

アニメファンがかなり満足できる定額動画配信サービスだと思っています。
最もおすすめの定額動画配信サービスです。

dアニメストアは、ドコモが運営しているアニメ専門の動画配信サービスです。
違法アップロードへの対抗の意図もあり、大変利用しやすい料金設定と、圧倒的な作品数を誇っています。

クレジットカードをお持ちでしたら、ドコモユーザー以外でも利用可能です。

過去の名作から現在放映中の最新作まで、作品の網羅率は最強です。
しかも、観たい作品が配信されていなければ、サイトから作品の配信をリクエストでき、実際に配信されるようになったりします。

サイトもシンプルで使いやすく、独特な特集や人気投票があり、更にはタグ機能で好きなアニメを掘り出せます。

2位 U-NEXT

u-next_top

・月額1,990円 (金額だけを見ると高めだが、コスパはかなり高い)
・アニメ作品数は2,100で、dアニメストアの次に多い (続々増えているので、その内追いつく可能性も)
・アニメだけでなく、映画、ドラマ、雑誌、R指定と、幅広いジャンルを観たい人に最適
・毎月U-NEXTで使える1,200ポイントが付与される (レンタル、マンガ購入、映画チケット交換等に使用可)
・最新の映画も観たい人に最適 (ポイントの利用で視聴可)
・1つの契約で4アカウント作れ、同時利用可 (一部制約有り、視聴履歴は別々)

配信ジャンル 見放題作品数 レンタル
アニメ 2,100 220
映画 6,600 1,500
海外テレビドラマ 540 260
韓流・アジアドラマ 760 100
国内ドラマ 580 430
キッズ 840 10
その他(R指定) 15,000 3,000
マンガ 160,000 (購入)
書籍 150,000 (購入)
ラノベ 10,000 (購入)
雑誌 70以上

2019年5月11日時点の情報です。詳細はU-NEXT公式サイトをご確認下さい。

アニメだけでなく、映画、ドラマ、雑誌、R指定等、とにかく幅広く楽しみたい人におすすめです。

また、U-NEXTの特徴の1つが、家族内で4アカウント作れることです。
自分だけでなく、家族も利用できるのは他のサービスには無い大きなメリットで、
4アカウント作った場合、1人あたり500円とかなりコスパ高いです。
気になる視聴履歴はアカウント毎に独立しているので、プライバシーは完全に守られます。

毎月付与される1,200ポイントを使えば、最新のアニメ映画やマンガ、洋画やドラマも楽しめるのは嬉しいですね。

3位 Netflix

netflix_top

・独占配信のアニメ作品がある (Netflixオリジナルアニメ、Netflixが出資した作品)
・TV放映中の作品は厳選されて配信されている (網羅性は低め)
・オリジナルの映画やドラマが非常に豊富
・料金は少し高め
・最大4台まで同時視聴可
・プランで画質が違う

プラン ベーシック スタンダード プレミアム
料金 800円 1,200円 1,800円
画質 SD HD 4K
同時視聴画面数 1 2 4

2019年5月11日時点の情報です。詳細はNetflix公式サイトでご確認下さい。

Netflixは、世界最大の動画配信サービスです。

日本では2015年9月にサービスを開始し、世界中で1億3900万人を超えるユーザー数を誇っています。

映画もドラマもアニメもオリジナル作品も、どれをとっても死角はありません。
特に、オリジナル作品は、アカデミー賞を受賞するほどのクオリティです。

国内系のコンテンツ数は物足りない印象はありますが、オリジナルアニメに力をいれていくと宣言しているので、今後更にアニメに期待できる定額動画配信サービスになっていくと思います。

4位 Amazon prime ビデオ

amazon_prime_video_top

・月額500円 / 年会費4,900円
・作品数532
・まれに独占配信有り(ケムリクサ等)
・音楽配信も利用でき、アマゾンの配送料が不要になる

Amazon prime ビデオは、Amazonが運営している動画配信サービスです。

作品数は少なめですが、キッズ向けアニメ、懐かしのアニメ、深夜アニメ等、年代性別関係なく楽しめるアニメ作品が定額配信の対象になっています。

プライム会員は、定額動画配信サービス以外にも音楽配信サービスなどが利用でき、お得感が非常に高いと言えます。

5位 バンダイチャンネル

bandai_top

・月額1,080円
・定額対象のアニメ作品は1,700
・特撮作品を配信している

バンダイチャンネルは、バンダイナムコグループの1社であるバンダイナムコマーケティングが運営する定額動画配信サービスです。

コミック原作、ゲーム作品、ライトノベル作品のアニメをはじめ、特撮、実写、声優などの動画のアップも豊富に取り揃えています。

どの作品が人気なのかは、ランキングで一目瞭然で、「クチコミ★ファンの声」も活発に投稿されているので、参考になるでしょう。

他にもライブ配信やプレゼントキャンペーンという楽しい企画も多数あります。

定額配信の対象は1,300作品とまずまずの数です。
ただし、見放題の対象でない作品は別料金がかかりますので注意です。

6位 アニメ放題

anime_hodai_top

・月額400円
・作品数は1,600以上
・完全にdアニメストアの下位サービス

正直、このサービスに入る位なら「dアニメストア」に入るべきでしょう。

アニメ放題は、Softbankが運営しているアニメ専門の定額動画配信サービスです。

2017年にキャリアフリー化し、Softbankユーザー以外でも利用が可能です。

機能的には必要最小限という感じですね。

現在放映中のものから、過去の名作アニメを取り揃えており、それぞれのアニメタイトルのオープニング・エンディング主題歌を聴くことができる「アニソン視聴機能」を提供しています。

7位 Hulu

hulu_top

・月額933円
・アニメは840作品と少なめ
・アニメだけでなく、海外映画やドラマも観たい人にオススメ
・国内ドラマやバラエティもある

人気映画やドラマ、アニメなど50,000以上の動画見放題の定額動画配信サービスです。

Huluは、海外の映画やドラマのラインアップが強力です。新作から名作まで幅広く取り揃えられています。

また、2014年から日本テレビが動画配信事業を買い取ったことで、日本向けのコンテンツも充実し、国内ドラマ、アニメ。バラエティなどの見逃した配信も観られます。

日本でのサービス実績年数も長い定額動画配信サービスです。

また、子ども向けのアニメも多く、ファミリー層にもおすすめです。
Disney傘下になり、今後の動向が1番気になるサービスですね。

8位 ビデオパス

videopass_top

・月額562円
・アニメ配信数320と少ない
・ドラマも配信されている
・映画チケットがお得に買える (映画館の系列指定有り)

アニメを見るだけなら契約しない定額動画配信サービスですね。

一番の特徴は、映画館の鑑賞料金が割引になったり、試写会プレゼントがあるビデオパス限定特典です。
この特典に価値を感じるかどうかが「契約する・しない」のポイントでしょう。

ビデオパスは、KDDIが運営するauユーザー向けの動画配信サービス。
auユーザー以外でもWow!IDを発行すれば、無料お試しはもちろん、入会も可能です。

見放題会員になると、毎月ビデオコイン(540円相当)がもらえます。

話題のドラマ、アニメなど10,000本の作品を楽しめることができます。

まとめ

アニメ + 映画・ドラマ・子供向けもあわせて選ぶなら

3大携帯キャリアのユーザーなら、ご自分のキャリアサービスを使ってみるのも良いと思います。
簡単に始められますからね!
・dアニメストア (ドコモ)
・アニメ放題 (ソフトバンク)
・ビデオパス (AU)

まだ迷われている様でしたら、無料期間中に使い続けるかどうかを判断するのが良いでしょう。
その方が、断然早く判断できますからね。

サービス名 初回無料期間 見放題アニメ作品数
dアニメストア 31日 2,700
U-NEXT 31日 2,182
Netflix 30日 626
Amazon prime ビデオ 30日 532
バンダイチャンネル 1ヶ月 1,705
アニメ放題 1ヶ月 1,800
ビデオパス 30日 320
Hulu 14日 840

自分の用途に併せて適切なサービスを選んで、楽しいアニメライフを満喫しましょう!!

おすすめの記事